L O A D I N G

HT house

福岡市中央区の古いマンションの改修計画である。 すべてスケルトンにした状態からデザインした。 クライアントからの要望は、来客が多く集まる大人の空間にして欲しいとの事。 鋼材で吊り下げた自由に動く大型ガラススクリーンは、 リビングとベッドルームを腰味に隔て奥行き感を持たせることで よりリビングの空間を豊かに演出した。 ミモザの床材、スチール鋼材、むき出したコンクリート梁、ミニマムなデザインの中に 荒々しさを表現し空間にアクセントを与えた。 仕事をこなす都会の生活スタイルと若い夫婦の生活とを紡ぐ上質な憩いの空間となった。

  • 所在地福岡県福岡市

    用途専用住宅

  • 構造RC造

    延床面積80㎡

  • photohiroshi mizusaki