L O A D I N G

WN house

敷地は大分市にある丘陵住宅地の一角にある。 計画は、クライアント家族の生活環境などの諸条件を整理し導き出した結果、 1階面積が2階面積に比べて極端に小さい平面計画であり、 必然的に建物形状はキャンチレバーで2階部分が大きくはね出した姿が見えてきた。 はね出した部分は周辺の視線を遮り2階部分のプライバシーを守る為 開口部を一切設けず壁を立ち上げ、その中に屋内に自然光を届けるルーフバルコニーを内包した。 その下には家族用と来客用の駐車場が納まり、玄関の軒の役割も果たす。 今回の計画はコンクリート化粧打ち放しの研ぎ澄ました素材感や力強さや表情等、 コンクリート建築の本質をシンプルにかつ純粋に追及し描き出した住宅である。

  • 所在地大分県大分市

    用途専用住宅

  • 構造RC造

    敷地面積145㎡

    建築面積85㎡

    延床面積119㎡

  • photohiroshi mizusaki